初心者でもボートダイビングが楽しめる、与論島

周囲22キロメートルの小さな島、与論島。
大小様々なダイビングポイントが点在していますが、ほとんどのポイントが島の北西側と南西側に密集しているので、ポイントまでの移動が楽なのも魅力。
特に夏場は水温も平均30℃前後と非常に温かくなりますから、快適なダイビングが楽しめます。
見どころとしては、奇岩や巨大アーチ、迷路状のクレパスから渓谷まで、初心者からベテランダイバーまで、飽きることなく楽しめるでしょう。


特に有名な名所としては、ホヌホヌと呼ばれるウミガメポイント、海中宮殿、人の横顔に見える巨大な根が印象に残る長崎の塔などがあります。

おすすめの理由

シニアダイバーにとって潮流の速過ぎるポイントは難易度が高過ぎますし、一歩間違えば命の危険さえあります。
その点、与論島に点在しているポイント周辺の海域は比較的穏やかな潮流となっていますので、身体的にも精神的にも余計な負担をかける事なく楽しめるでしょう。

更に、水温が高めである事も急な環境の変化への順応が困難になりがちなシルバーダイバーにとっては好材料となるはずですよ。
北側ポイント、南側ポイント、それぞれに特徴的な見どころがありますし、初心者向けのなだらかなコースから上級者向けのダイナミックなコースまで様々。

ビーチからのエントリーを優先しがちな初心者のダイバーにとっても、ここならわずか3~5分程度ボートで移動するだけで潜れる初心者向けスポットがある点も大きな魅力。
ボートエントリーとビーチエントリーでは、見られる景色や生物が違っているのはもちろん、海の透明度も違ってきますから。

おすすめポイント

・初心者でも安心してボートエントリーに挑戦できる!
・タイプの異なったポイントが密集している
・全レベルのダイバーが楽しむことができる

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年3月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:シニアにオススメなダイビングスポット

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ