初めていつまでも現役で居たいと思えたスポーツでした

「初めていつまでも現役で居たいと思えたスポーツでした」

若い頃からスポーツ大好きの体育会系だった私は、社会人の時にも何かしらのスポーツを愛好していました。
ボーリングに登山、ロッククライミングにバドミントン、打ちっぱなしに水泳などなど、あらゆるスポーツを楽しんでは気持ちの良い汗を流したものです。


社会人から結婚を経て主婦となり、母となり、次第にスポーツをする時間も取り辛くなると同時に、年齢的にも体力的にも衰えが目立つ様になって来て、更にできる事に限りが出て来たんですよね。
最終的には、ハイキングや水泳、ゴルフくらいなら何とかできるけれど、それも時間の問題かな…なんて思う様にもなって。

そんな時ですね、たまたまテレビでダイビングのドキュメンタリー番組を見て、へぇ~っとなった訳です。
今まで、スポーツ=汗をかくものというイメージを持っていた事もあって、全くと言っていい程興味がなかった分野にあったのがダイビング。
なので、いざ興味が沸いたとは言っても何から手を付ければいいものやら。

実際のところ、自分がダイビングに何を望んでいるのかも定かではなかったので、そこからまず始めないと、と思った私は、近所で体験ダイビングを開催しているショップに出向いて直接話を聞いてみることにしたんです。

色々と話を伺う内に、私くらいの年齢からダイビングを始める人が増えているという現状や、中高年向けの講習やプログラムがある事、身近にシニアだけのダイバーグループやサークルが沢山存在していることなどを知ることができました。

お陰で一気にダイビングに挑戦する意欲が沸いてきた私。
ちょうど、これから生涯続けられるスポーツはないかと模索していたこともあり、流れに身を任せる様にして、一気にライセンスの取得にまで踏み切りました。

シニアダイバーの一員として晴れてダイバーの仲間入りをして早3年が経ちますが、今では気に遭うダイバー仲間も沢山出来ましたし、色んなサークルに顔を出しては、気楽なお喋りを楽しんだりできています。

正に、ダイビングは、私が探し求めていた生涯スポーツでしたね。
意外でしたけど!
(60歳、女性、事務職員)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年3月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:シニア・中高年からのダイビング体験談

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ