ダイエット・ストレッチ効果

大きな器材を背中に背負って海の中へ潜るダイビング。
例え、インストラクターの引率の下で安全に行われる事は知っていても、相当の覚悟がいることは確かですよね。
でも、もし、勇気を振り絞って挑戦するだけの大きな価値があると知ったら、やってみようと、思いませんか?

水中だからこそ、出来る事がある

無重力の空間でしか味わえない、独特の心地よさを与えてくれるのが、中性浮力。
ダイビングでは、この中性浮力があるお陰で、快適な海中散歩を楽しめる訳ですが、ダイビングの魅力はそれだけじゃないんですよ。

実は、ダイビングを楽しみながら、ほんの少しだけ意識して身体を動かす様にするだけで、効率的なストレッチができるんです。

特に、普段からストレッチの重要性はわかっているものの、足腰の痛みを押してまで行う事に疑問を感じている人にとっては、非常にお勧めできます!
よく、リハビリ治療の一環として水中エクササイズが取り入れられているのも、身体にかかる負担を最小限に抑えながら、高いストレッチ効果が望めるからなんでしょうね。

陸上では得がたいフィットネス効果も

老若男女を問わず、生涯を通して楽しめるダイビングは、スポーツであると同時に、最良のフィットネスでもあります。
いざ海中に潜るとなると、強烈な水圧が身体にかかります。
深く潜れば潜る程に水圧も比例する訳ですが、この水圧こそが、天然のフィットネス効果を生む張本人なんですね。
しかも、ダイビング中、ほとんどの時間は美しい海中の景色に見とれているはずですから、
水圧に押されている、と言う様な感覚は無いに等しいでしょう。

海中遊泳を楽しんでいる間、自動的にダイエット効果が得られるなんて、他のスポーツではあり得ないメリットと言えますよね!

どうですか?
単に、海中散歩を楽しむだけが、ダイビングの魅力ではないと言う事が、おわかりいただけたでしょうか。
意外なダイビングの魅力を知って、ダイビング初挑戦へのハードルも、だいぶ低くなったのでは?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年3月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:シニア・中高年のためのダイビングの楽しみ方

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ